【スプラ】世界一わかりやすいガチエリアの勝ち方解説

ガチエリア

おはこんばんにちは

がくちょうです。

世界で一番詳しくスプラトゥーンを解説しているので、是非上手くなりたい人はツイッターフォローよろしくお願いします↓

 

このページではスプラトゥーンにおけるガチエリアの勝ち方について解説していきます。

私が団長を務める「アタリメフルボディーズ」というゲーミングチームでは、「スプラトゥーンをチームスポーツとして楽しむ」というビジョンを掲げ、戦術の研究や大会の開催なども行っています。

興味がある方は是非下記をご覧ください▼

アタリメ フルボディーズ 入会用ページ
アタリメフルボディーズ(通称アタリメ団)は、がくちょうのチャンネルメンバーシップに有料登録した方が所属できるゲーミングチームです。以下2つの条件を満たした場合に、専用のdiscordサーバーにご招待しています。 がくちょうのチャンネルメン

ガチエリアの基礎的な動き

最初に、ガチエリアの基礎的な動きについて流れで説明します。

  1. ゲーム開始
  2. 拮抗状態からキルを狙う
  3. キルが獲れて人数有利になる
    1. エリアを素早く塗り切ってカウントを進め始める
    2. エリアを取り返そうとする敵をキルして人数有利を維持する
  4. キルされてしまい人数が不利になる
    1. 味方がエリア付近にそろうのを待つ
    2. 敵をキルして人数有利を作り出す⇒3-1に
  5. その他ごちゃごちゃした拮抗状態になったら⇒2に

上記の流れになります。

勝敗の分かれ目は3つあります。

ガチエリアの勝負の分かれ目①

一つ目は

2の「拮抗状態からキルを狙う」の部分が成功するか?

です。

ゲーム開始時だけでなく、ゲーム中盤でも「状況がごちゃごちゃしていて、どちらのチームにも明確な人数有利とはいえない状態」の時がありますよね。

この「拮抗状態」と呼べる時に、

キルが獲れて人数有利になれば、カウントを進められる⇒3に進む

キルを獲られて人数不利になれば、取り返す準備をする⇒4に進む

という分かれ目が来ます。

つまり、

拮抗状態からキルを獲れるようになる

というのがガチエリアの重要なスキルだと言えます。

ガチエリアの勝負の分かれ目②

二つ目は、

3-2の「エリアを取り返そうとする敵をキルして人数有利を維持する」という部分が成功するか?

です。

ガチエリアは、「ガチエリアを確保されてしまった側が、スペシャルが自動的に貯まる(反撃しやすいようになっている)」というルールがあります。

なので、ぼーーっとしてると敵チーム4人ともにスペシャルが貯まってしまい、それを使われただけでガチエリアを取り返されてしまったり、キルを獲られてしまいます。

そこで、カウントを止められたり、ガチエリアを取り返されたりしないように、「エリアを取り返そうとする敵をキルして人数有利を維持する」という動きを行います。

これに成功し続ければ、敵にエリアを一度も取り返させずにノックアウトできますので、

エリアを取り返そうとする敵をキルできるようになる

というのも、ガチエリアの重要なスキルになります。

ガチエリアの勝負の分かれ目③

三つめは、

4-2の「敵をキルして人数有利を作り出す」という部分が成功するか?

です。

人数が2人以上少なくなってしまったら、ガチエリアを塗っても絶対に塗り返せません。

なので、エリア付近に味方が揃って「塗り返す準備」が整うまでは、うかつに行動しないようにしましょう。(例えば、味方が全然エリア付近にいないのに頑張って2人くらい倒したとしても、そのあとに塗る人数で負けるので取り返せないわけです)

そして、味方全員が「人数有利ができたらエリアを塗れるぞ」という位置まで揃ったら、「敵をキルして人数有利を作り出す」という動きをします。

これに成功すれば、人数有利状態から3の攻撃ターンに進むことができるので、

エリアを確保された状態から人数有利を作り出す

というが、ガチエリアの重要なスキルとなります。

ガチエリアの3つの戦略イメージ

上記を言い換えると、ガチエリアには

  1. どうやって拮抗状態からキルを獲るか
  2. どうやってエリアを取り返そうとする敵をキルするか
  3. どうやってエリアを確保された状態から人数有利を作り出すか

という大きく3つの戦略が存在することになります。

もしガチエリアが苦手!勝てない!という人は、この3つの戦略に分類した時に、自分がどの部分がうまく実行できていないか?を見直してみると良いでしょう。

拮抗状態からキルを獲る戦術について

ではここからは、各戦略において、現状どのような戦術があるか?をさらに解説していきます。

まず、「拮抗状態からキルを獲る戦術」をいくつか紹介します。

強ポジ戦術

最も一般的で重要な戦術が、こちら。

使用している武器が

  1. デスしにくく
  2. キルが取りやすく
  3. エリアを塗れる

という3つの条件を満たしている場所(=強ポジ)を見つけておき、拮抗状態ではそこに居座っていくことで、リスクを減らして最大限のリターンを狙うという戦術です。

これを強ポジ戦術と呼びます。

ステージと武器によって全て変わってくるので、

ステージの数×武器種の数

だけ組み合わせがあります。

サブとスペシャルが違うだけで、強ポジが変わってくる場合もあるので、自分の持ち武器に絞って研究するのがお勧めです。

さらに、強ポジは「敵の編成や位置によって変更する必要がある」ので、例えばですが

自分がチャージャーで敵に長射程がいないなら、ここも強ポジになる

などのバリエーションもいくつか発生します。

お勧めは

  • 武器を1つに絞る
  • 23ステージで、それぞれにおける強ポジを2つずつ程度見つける
  • ガチマッチに潜る前に散歩で強ポジを確認する
  • 拮抗状態では基本的にどちらかの強ポジに居座ってキルを狙う

というのをまずは徹底してみることです。

慣れてきたら、

  • 敵の編成を見て、どちらの強ポジを使うかを変更してみる

という動きを加えていきましょう。

これだけで、安易なデスが減って拮抗状態からキルを獲りやすくなるはずです。

私が団長を務める「アタリメフルボディーズ」というゲーミングチームでは、武器ごとの強ポジの研究やメンバー同士での情報交換なども行っています。

興味がある方は是非下記をご覧ください▼

アタリメ フルボディーズ 入会用ページ
アタリメフルボディーズ(通称アタリメ団)は、がくちょうのチャンネルメンバーシップに有料登録した方が所属できるゲーミングチームです。以下2つの条件を満たした場合に、専用のdiscordサーバーにご招待しています。 がくちょうのチャンネルメン

シェルターカバー戦術

拮抗状態からキルを獲るのに重要なのが、

  • 簡単に死なないこと
  • 交戦中の敵をキルすること(これをカバーキルと呼びます)

の2つです。

ガチエリアは、指定の場所に8名全員が集まってくるゲームなので、撃ち合いになった時に「すぐ死なずに、粘って撃ち合っている」という状態にできれば、味方が駆け付けてくれる(カバーに来てくれる)可能性が高いです。

そこで、シェルター系の武器を使用することで敵の注意を惹きつけ、自分に夢中になっている敵を他の味方に挟んでもらうという戦術があります。

これをシェルターカバー戦術と呼びます。

この場合、シェルターを使用している人は自分で倒し切る必要はなく、むしろ目立ってヘイト(注目)を集めておくことで、敵を夢中にさせて視野を奪うのが重要になります。

加えて、シェルター以外の味方がそれを理解して、シェルターと交戦中の敵を意識的に撃破していくのも重要です。特に、射程とダメージ量の多い武器(ダメージロールと呼びます。主に後衛武器が多く該当します。)は、味方のシェルターが戦闘になっているのは敏感に察知して援護射撃をしましょう。

シェルター系の武器以外でも、シールド持ちの武器等はありますが、シェルター類は総じて塗りも強いため、

  1. 放置すると塗られてしまう
  2. 倒そうとしても時間がかかって他の敵にやられてしまう

という嫌な2択を要求できます。

初動アーマー戦術

スペシャル増加量アップを多めに積んだギアで、ワカバシューターなどの塗りが強い武器が最速でインクアーマーを貯めるという戦術を

初動アーマー戦術

と呼びます。

インクアーマーは発動した瞬間に味方全員を強化できる唯一のスペシャルで、特にゲーム開始直後に撃ち合いが始まったタイミングで敵チームより先にインクアーマーを発動することで、味方が対面に勝つ可能性を大幅に上げることができます。

試合中も、ひたすらに塗って味方が人数不利になる前にインクアーマーを出すという「アーマーを回す役割」を担うことで、拮抗状態からのキル確率を上げることが可能です。

ただし、上のレベルになってくると「無造作に塗ってアーマーを回すだけ」では勝てなくなりがちなので、

  • いつどこを塗るか
  • いつアーマーを出すか

などの熟練度が必要になってきます。単純に見えて、非常に奥が深い役回りだとも言えますね。

初動ハイプレ戦術

初動でハイパープレッサーを撃つというのも、拮抗状態からキルを獲る戦略としては有効です。

こちらは初動ハイプレ戦術と呼びます。

特に、ハイパープレッサーを敵に当てやすいステージで有効で、

  • ハコフグ倉庫
  • ホッケふ頭
  • スメーシーワールド

など、いくつかのステージが該当します。

特にゲーム開始時は、お互いに自陣を塗れていないケースが多いため、ハイパープレッサーをうまく避けられなくなりがちです。これに対して、インクアーマーで防御をするというのが返し技として存在しています。

エリアを取り返そうとする敵をキルする戦術について

次に、「エリアを取り返そうとする敵をキルする戦術」について紹介します。

追い込み漁戦術

敵のエリアを取り返す動き(以後、打開と呼びます)をうまくコントロールし、不利な位置に追い込むことでキルを狙う戦術があります。

この戦術を追い込み漁と呼びます。

この方法は、打開ルートが複数選択しやすいステージで特に有効です。

やり方としては、

  1. 打開を最も成功させづらいポイントを決める
  2. その他の打開ルートを徹底的に潰して諦めさせる
  3. 敵が打開ルートを迷っている間にこちらもスペシャルを貯める
  4. 敵が最も弱いポイントから揃って打開してきたタイミングでスペシャルを集中砲火する
  5. スペシャルでキルを獲り切るか、またはスペシャルが相殺したところを詰めて足場の少ない敵を撃破する

という手順になります。

例えばサンプルですが、スメーシーワールドでのやり方は下記の4手順となります。

この場合、最初からBの位置で事故らせる(相手のスペシャルを潰して詰める)と決めて、そのためにAポジションを確保することで左と中央裏取りなどのルートをシャットアウトしています。

敵は当然、有利な左や中央からの打開をしばらく試みますが、そこを全員で意図的にシャットアウトしていることによって、しばらく試したのちに諦めます。この時間を使って、こちらもスペシャルを貯めておく感じです。

そして、敵が最終的に手薄なBポイントからの打開を選択し、インクアーマーなどを使用してきたタイミングに合わせて、こちらもスペシャルをぶつけて相殺し、スペシャルが無くなって使える足場も少ない敵に、全員で一気に詰めて倒してしまいます。

追い込み漁の戦術に関しては、各ステージごとの解説ページで図解や動画なども付けているのでご覧ください。

この追い込み漁は、抑える側(打開を潰す側)がリスクをほとんど取らずに、確実に敵の打開を潰せる戦術のため、ステージによっては非常に有効です。

個別撃破戦術

個別撃破は、打開を試みる敵が通りそうなルートまで素早く前進して、1人ずつ倒していく戦術です。

基本的には誰がどこから復帰してくるか?を予想し、先にその位置に入り込むことで待ち伏せをしてキルを獲る形になります。

この戦術の良いところは、味方とタイミングや意図を合わせなくても自分ひとりで成功させやすいところです。

ただし、個別撃破のためにはかなり敵陣深くまで入り込む必要があるので、相応のリスクを背負うことにもなります。

例えば、

  • 前に入り込むスピードが少し遅くなり、敵に位置がバレてしまったので孤立した位置で囲まれて意味なくデスしてしまった
  • 敵が通ると思っていたルートが、誰も通らなかったのでエリア付近が実質人数不利になり、エリアを簡単に取り返されてしまった

などのリスクが存在します。

  • 敵に囲まれても、デスするまでに2人くらい倒せる
  • ルートの予想や潜入タイミングが完璧
  • 予想が外れてもすぐに軌道修正できる

などの個人の力量に大きく依存する戦術ですが、ガチマッチだと自分さえ上手ければ勝たせることができるので、人気の戦術でもあります。

逆に、チーム戦になると1人に位置がバレると4人にバレるので、囲まれて不用意にデスしてしまう可能性が高くなります。チーム戦ではリスクが大きくなっていく戦術であることも理解しましょう。

フランク戦術

フランク戦術はflanker(フランカー)という役職が専門で行う、前線をサイドから荒らしていく特殊戦術です。

ガチエリアを確保した後に行う場合、個別撃破のように敵陣に侵入してキルを狙っていく動きに近いので、個別撃破の派生戦術だと言えます。

個別撃破と違うところは、

敵陣を荒らして「リソースを消費させる」のが主目的であり、キルは獲れなくても良い

という部分です。

例えば、パブロヒューなどはフランカーに適任で、ガチエリアを確保した後にパブロヒューが敵陣にスーーーッと駆け上がっていき、チョロチョロと動き回って敵の注目を集めます。

ここで、2人くらいの注意を集めつつもしぶとく逃げ回って、いなくなったと思ったらハエみたいにまた後ろに現れる。

放置するとキルを獲られるかもしれないので、敵は中々エリアを取り返すのに集中できません。

このように、敵を有利な状態で打開準備させずに、意識や注目を集めていくのがフランカーの第一段階の仕事です。

そして、敵の意識が外れた瞬間に詰め寄り、キルを狙う。

ここでキルが取れたら万々歳で、個別撃破の成功となります。

そして、もしキルが獲れなくても、例えば敵が自分に向けてミサイルを使ったり、死にかけた敵がイカスフィアを使ったりしたらフランク戦術の成功となります。

敵は、ガチエリアを取り返すためのスペシャルが無くなってしまうため、大きくカウントを進めることができるからです。

フランク戦術は、

  • パブロヒュー
  • キャンピングシェルター
  • デュアルスイーパー
  • ケルビン525デコ

などの、機動力や耐久力が高い武器が専門的に行う戦術で、どの武器でも実行できるわけではないので注意しましょう。

さらに、詰め際と引き際の見極めを敵陣に侵入して単身で行う必要があることから、個人の力量に大きく依存する戦術です。フランカーのスキルが低いと、ただの特攻脳死になりがちです。

逆に言えば、フランクがうまいプレイヤーが1人いるだけで、圧倒的に勝率を上げることができるくらい致命率の高い戦術でもあります。

エリアを確保された状態から人数有利を作り出す戦術について

最後に、人数不利になってしまい、敵にガチエリアを制圧された状態から人数有利を作る戦術について紹介していきます。

手前処理戦術

まず最も基本的なのが手前処理戦術です。

ガチエリアでは前述した「個別撃破」という戦術が普及しているため、エリアを確保した後に敵が前進してキルを狙ってくるケースが多いです。

この、「個別撃破を狙って自陣深くまで入ってきている敵」を「手前」という風に表現し、孤立している手前の敵から集中して処理していくことで安全に人数有利を作るというのが「手前処理」という戦術です。

もちろん、手前に入ってきた敵のキャラコンやエイムが上手いと、逆に1人を相手に味方2人がデスするなども起こり得ます。

しかし、基本的に手前側は自チームの足場の方が多く、さらに人数もこちらが有利な状態なので、敵の位置さえ分かれば2人以上で囲んで安全に処理できます。

そういう意味で、手前処理は敵の「個別撃破」という戦術に対する、カウンター戦術であると言えます。

最悪なのは、手前に入っている敵に気づかず、あっさり個別撃破されていってしまうパターンです。

それを防ぐために、まずは

  • 敵が個別撃破を狙って手前に入ってきているか?
  • 入ってるとしたら、誰がどこまで入っていそうか?

という判断力を磨く必要があります。

その上で、手前処理をした方が良いか?という判断基準は、「敵が安全な位置に逃げられないところまで前進してきているかどうか」です。

個別撃破されなかったとしても、手前処理をしようとして手前の敵に時間やリソース(スペシャルなど)を使ったのに、キルできずに安全な位置まで下がられてしまうと打開が困難になります。(前述したように、フランカーなどは意図的にそれを狙って駆け引きを仕掛けてくる可能性が高いです)

それを防ぐために、

  • あの位置にあの武器が入ってきてるなら処理する
  • あそこなら手を出さずに無視してエリアを取りに行く

などの判断力を磨く必要があります。

チーム戦なら、そのあたりのルールを事前に決めておいてメンバー間でしっかり共有しておくのがお勧めです。

広角打開戦術

次に基本的な戦術が、広角打開戦術です。

これは、「敵の対応が必要な射角を広げてリソースを分散させてキルを狙う」という戦術になります。

主に、ガチエリアが広かったり分散していて簡単に確保しづらいステージで有効です。

手順としては、

  1. 「裏取りされない」「エリアが塗れる」「一定の広さがある」という3条件を満たした場所を簡易拠点に設定する
  2. 簡易拠点をクリアリングする
  3. 生存力または耐久力がある武器(拠点部隊)が2人以上で簡易拠点に降りて陣取る
  4. 簡易拠点に注目を集めたタイミングで広い角度から機動力のある武器(突撃部隊)が敵に突撃してキルを狙う

という手順です。

サンプルですが、マンタマリア号なら下記のような設計になります。

この場合、

  1. 降りても裏取りや挟撃されづらい
  2. エリアを塗れる
  3. 一定の広さがある

という3つの条件を満たした場所は、中央右側の広場になります。(図の①)

そのため、そこを簡易拠点とし、そこを陣取るためにまずは拠点部隊がマルチミサイルやボムなどで敵を拠点外に誘導します。(図の②)

続いて、シールド持ちやマニューバーなどの生存力が高い武器(拠点部隊)が高台から簡易拠点に降りて、エリアを塗りつつ生存します。この際に、インクアーマーが同時に発動できると生存率を高められる上に、サイドから突撃する味方の成功率も高められるので非常に有効です。(図の③)

インクアーマーを合図に、(または味方が右の簡易拠点に降りたのを合図に)左寄りの位置や中央あたりから潜伏していた他の味方(突撃部隊)が突撃します。すると、敵は右広場に注目しているため、後ろや横から攻撃できる形となり、キルを狙いやすくなります。

もちろん、理想はそのタイミングで突撃部隊もスペシャルを使用できることです。(図の④)

この手順で打開を行うと、敵に

  • 右広場(簡易拠点)を無視しすぎるとエリアを塗られてしまう
  • そちらに注意をしすぎると後ろや横から狙われてしまう

という嫌な2択を要求できます。

このように、抑え側の敵が処理する必要のある「角度」を広げることによって、打開の成功率を上げるのが広角打開と言う戦術の基本的な考え方となります。

強制打開戦術

前述した広角打開戦術は、簡易拠点に該当するポジションが無いと機能しません。

そこで、もう1つの打開戦術として「強制打開戦術」というものがあります。

強制打開戦術は、ガチエリアに対して返し技のないスペシャルを複数使用することで、強引に塗り切ってしまうという戦術です。

組み合わせは多々ありますが、代表的なものを下記に紹介します。

ナイスダマ+イカスフィア

ナイスダマは、敵のボムを消すというスーパーウルトラな性能を持っているため、ガチエリアに直接投げ込んでしまえば敵は「メイン武器で遠くから塗り返す」しか選択肢が無くなります。

さらに、ナイスダマが発動したことで敵は「自分に投げてきたら逃げないといけない」という風に若干引き気味の意識になるため、そこに合わせてイカスフィアで手前から転がっていき、

ナイスダマがガチエリアに着弾した瞬間にイカスフィアも爆発する

というコンボによって、確実にガチエリアを確保することが可能です。

タイミングさえしっかり合わせれば、実質返し技がほぼ存在していない最強の強制打開セットです。

唯一、イカスフィアがガチエリアに到着する前に集中砲火で割られてしまうというケースがあり得ますので、それを避けるために同時にミサイルなどを発射すると成功率が上がります。

バブルランチャー+アメフラシ

ガチエリアが縦長の長方形になっているステージで有効な強制打開セットです。

手前からガチエリアに向けてバブルランチャーを流し、敵がバブルを小さくしようとして撃ち返してくるのをアメフラシを重ねることで無効化します。

敵からすると、下手にバブルランチャーに対して粘ったら爆発した際に巻き込まれるので、ほぼ強制的にガチエリアから遠ざかるしかないという状況を作り出せます。

こちらも、同時にマルチミサイルやハイパープレッサーなどを発射すると敵の処理能力を奪うことができるので、成功率が高まります。

強制打開戦術の弱み

強制打開戦術は、ほぼ確実にガチエリアを取り切れるので無敵に見えるかもしれませんが、実際には「その後に人数有利を作れるかどうか」に対して確実な戦術ではありません。

手前処理戦術や広角打開戦術と違い、「ガチエリアを取り返す」という部分だけにスペシャルを使い切ってしまうため、その後にメインでキルを獲り切る必要があるのです。

そこに失敗すると、

ガチエリアを一回獲ってペナルティはつけたものの、すぐにまた人数不利になって打開の繰り返し

という試合展開になりがちです。

強制打開戦術を選択する場合には、「試合に勝つためにはエリアを取るだけではなく、人数有利を作る必要がある」という事を意識しておきましょう。

そのためには、強制打開を行った後に、敵がどこにいそうか?というのを正確に把握し、確保したガチエリアという足場を利用して素早く孤立した敵から順に詰めていく動きが必要です。

この戦術の本番は、ガチエリアを塗り切った後であるという事を理解し、キルを獲りきるまでのイメージを持ってプレイしましょう。

 

※この記事は執筆途中です。

私が団長を務める「アタリメフルボディーズ」というゲーミングチームでは、「スプラトゥーンをチームスポーツとして楽しむ」というビジョンを掲げ、戦術の研究や大会の開催なども行っています。

興味がある方は是非下記をご覧ください▼

アタリメ フルボディーズ 入会用ページ
アタリメフルボディーズ(通称アタリメ団)は、がくちょうのチャンネルメンバーシップに有料登録した方が所属できるゲーミングチームです。以下2つの条件を満たした場合に、専用のdiscordサーバーにご招待しています。 がくちょうのチャンネルメン

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました