2020年1月3日リグマ振り返り

ステージ

アロワナモール

アンチョビットゲームズ

編成

2リグ

自分:シャープマーカーネオ

ひじかた:ボールドマーカー7

勝率

18試合中11勝

勝率6割1分

アロワナモール

10試合中7試合勝利

勝率7割

アンチョビットゲームズ

8試合中4試合勝利

勝率5割

振り返り

アロワナモールが勝率7割に対して、アンチョビが5割。

アンチョビをあと2試合勝ち切れば2300に乗った可能性があるので、改善点が多いと思われる。

下記まとめた3試合が課題が多そう。

29ー95(2320)

20-41(2370)

20-32(2190)

アンチョビの勝てた試合と負けた試合を比べて、勝ち筋を考えてみる。

アサリの勝ち筋の解析

アサリの大きな勝ち筋は「攻撃に成功すること」だと定義し、

攻撃に成功とは、「ノックアウトまたは逆転が難しい大きなカウントを獲ること」だと定義する。

では、どうすれば攻撃に成功するか?というと

  1. バリアを割って
  2. 大量のアサリを入れる

という手順になる。

しかし、上記は敵の妨害が入るため、さらに分解すると

  1. バリアを割って
  2. 防衛の敵にキルされないように生存しつつ
  3. 大量のアサリを入れる

という風に解析できる。

そして、さらにアサリは「防衛拠点の防衛力」によって攻め方が変わる。

防衛拠点が強い場合は、2番の「防衛の敵にキルされないように生存しつつ」というのが難しく、ゴール下で張り付かれるとアサリを入れられなくなる。

そのため、

  1. バリアを割って
  2. 防衛の敵をキルしてアサリを入れられる状況を作り
  3. 大量のアサリを入れる

という風になる。

さらに、バリアを割るまでに「中央の盤面を獲り→アサリを大量に保有して→ゴール下の敵防衛をキルして人数有利を作り→バリアを割る」という流れが必要になる。

まとめると

  1. 中央の盤面を獲り
  2. アサリを大量に保有して
  3. ゴール下の敵防衛をキルして人数有利を作り
  4. バリアを割って
  5. 防衛の敵をキルしてアサリを入れられる状況を作り
  6. 大量のアサリを入れる

という6つの手順が必要になる。

攻撃に成功していれば試合に勝っているはずなので、負けた試合は上記の勝ち筋の6工程のうち、どこかが何らかの原因で実行できていない可能性が高い。

下記に負け試合4試合分で、6工程のうちどこで失敗しているか計測したところ、圧倒的に③で失敗している。

ガチアサリ負け筋研究用アンチョビットゲームズ

パターンとしては、

  1. ひじかたが先頭で相打ち以下(デスまたは相打ち)になる
  2. 味方が相打ち以下になる
  3. 私が生存意識が強すぎてゴール下でキルを狙わない(せいで味方が撃ち負ける)

という3パターンだった。

打開するには、

ひじかたか私が率先して③を成功させる(つまり、中央制圧→大量にアサリ保持の後に、敵の防衛拠点に殴り込んで味方が死ぬより先にキルを獲って人数を減らして上げる)ということが必要になる。

改善案

今はボムピッチャーを抱え落ちしないために距離を取って安全に吐いているが、それだと「ゴール下の盤面を獲るからキルはよろしく」という立ち回りになっていて、味方がキルを獲れなかったりタイミングを合わせてくれなかった場合にリスクが大きい。

ボムピを吐きながらうまく生存して敵のゴール下に自分の体も持っていきつつ、自分で盤面を獲りながらキルも獲れるようになれば解決しそう。

または、武器をマニュコラなどに変えてボムピッチャーを捨てるのもアリだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました